投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

☆企画書を作る際これだけは気をつける4つの意識   久々更新 書類のデザインとかあれ、難しいですね 

イメージ
ども!久々更新です。


「プレゼンってどうすればいいんですか?」プロポーズプレゼンという考え方1

イメージ
ども!!

皆様あけましておめでとうございます。

YAZUでございます。

2015年は私の周りも色々な変化があり動いていきそうです。楽しみ。


今日はプレゼンのお話。

「プレゼンってどうすればいいんですか?」と大手の営業マンから相談を受けました。
どう伝えたいの?と聞くと15分にわたり私に熱意を持って話してくれました。

が、

さっぱりですWww

資料も見ました。12枚も。さっぱりです。
何を伝えたいのかの要点が分からないのです。着地点も。

とても有意義なサービスでしたが、魅力が話を聞くうちに薄れていきました。

そのことを告げるととてもがっかりしていましたW

多分「こんなに熱意を持ってしゃべったのに・・・・」と、思ったんでしょうね。

努力は認めるのですが、その資料、正直全てが無駄な気がしましたね。

まず話していることが全てペーパー上にあります。それはプレゼンではなく説明です。
 プレゼンで大事なのは「聞き手」が興味を持つこと。
 私が取引先なら12枚の資料なんてまず読む気がしませんWw12枚も来た時点で「これは説明なんだな」と読まなくなります。


******YAZU的プレゼンの極意*****
プロジェクター無しのイメージ

作るときに意識すること:「聞き手感情」と「結論の明確さ」
 ■私が企画を作るときはまず「10文字のタイトル」を意識します。
そこを最終的な答えとします。決めるのは最後です。

これは多分皆さん分かってると思うんです。

 ただ最初にかっこいいタイトルを付けたくて悩む。

無駄です。

作り終わったら最後に答えは出るので無視しましょう。


■とにかく書き出す。気持ちの全てを紙に書き出す。

そんなことしたらさっきの営業マンと何が違うんだ?と突っ込みたくなると思います。
が、これは大事な作業なんです。

彼が作った資料は説明資料だといいました。

そう。

自分が読むために使うべき資料なんです。

プレゼンはクライアントに「聞いて」もらうためのものです。

読んでもらうのであれば、直接プレゼンしなくていいわけです。時間の無駄です。

というわけで最終的に「資料は2種類用意する」事となります。

誰も同じ資料じゃなければいけないとは言ってないです。

これはとても大事なことですので後述しますね。(#2種のプレゼン)
***************************

ほんとこ…